納得のコスパ!等身大パネルサイト比較

トップ > 等身大パネルの豆知識 > 等身大パネルで何を伝えていくのか

等身大パネルで何を伝えていくのか

 広告には、人の注意を必要があります。興味を持ってもらわないと、商品やサービスを手にしてもらえないからです。駅や交差点などの人の目が止まる位置の広告代が、高くなるのは仕方のないことです。また、広告のサイズによって、広告代も違ってきます。多くの広告が貼ってある中で、大きなサイズの広告となれば、人目を引き、多くの人に商品やサービスをアピールすることができます。他には、どんな人物を起用するかも大切になってきます。有名人であっても、支持している層は違います。売りたい商品やサービスの購入層と、一致する芸能人を起用します。特に、アイドルやモデルであれば、等身大パネルで勝負するのも悪くありません。しかし、問題点としては、熱狂的なファンが持って帰ってしまうという行為に出てしまうことです。

 インパクトを求めて、等身大パネルを採用するのであれば、モデルが見映えします。まず、スタイルが良いので、アパレル関係であれば、相性が良いといえます。スタイルの良さから、どんな服装も着こなしてくれます。見る人が、どんな風にコーディネートすれば良いのか、参考にすることもできます。これが切っ掛けとして、流行になることも考えられます。そうなると、広告に出演したモデルにとっても、広告主とっても、メリットとなります。名が売れていない場合だと、そこから受ける恩恵は大きいものとなります。流行になれば、人の注目も集まり、次の勝負が有利になります。しかし、そこで期待に応えることができないと、そっぽ向かれることになるので、正念場ともいえます。こういった背景から、流行を作ろうと画策することもあります。

 いくら広告が素晴らしくても、商品やサービスの質が悪ければ、客は離れてしまいます。しっかりと客を捕まえておくには、企業努力が必要となってきます。一時的に客が増えても、長期的な利益には繋がっていきません。まずは、客の心を掴んでいくことです。それは、広告で使っていたノウハウにも通じるものがあります。始めは、興味を持ってもらい、訪れたチャンスを無駄にしないことです。そして、安易に安売り競争に乗らないことです。自分達が作り出した商品の価値を知ってもらえれば、他の商品よりも高い値段設定であっても、支持をしてもらえます。決して、自分達を安売りしないことです。そして、客からの不満には、丁寧に対応をして、それをピントに改善していきます。客と寄り添っていき、要求に応えていきます。

ページトップへ