納得のコスパ!等身大パネルサイト比較

トップ > 等身大パネルの豆知識 > 等身大パネルは本物みたいで楽しい

等身大パネルは本物みたいで楽しい

 店舗やイベント会場に行くと偶に見受ける等身大パネルは一目で人の注意をひく効果的なマーケティングツールです。誰もいないような場所でも等身大パネルがあることで誰かがいるようにみえて親近感が沸いたり、案内に一役買ったりと大いにその効果を発揮します。最近では店舗やオフィスの宣伝用に使用するほかに、結婚式のウェルカムボード、または企業などのパーティの飾りなどとしても利用することが増えており、等身大パネルを作成する企業、団体、お店が増えています。それどころか個人でも発注、作成することが簡単になっていますから、自分のプロモーションやちょっとしたウケを狙って作成する人も増加中です。簡単に作れて、納期も短く、費用もお手ごろのこのポップ、是非一度作ってみても楽しいかもしれません。

 等身大パネルはまず、元となるお写真が必要になります。そしてパネル自体をどのような素材で作るか、を決めます。素人考えでは紙素材なのではないか、と考えがちですが、紙素材ですと雨にぬれてこわれてしまったり、 軽くて風邪に飛んでしまったり、移動中に破損しやすいという事もあり、素材には薄いアルミ板の入ったものを使うことが増えています。こうすることで紙が温度や湿度で反り返ってしまう事を防ぐ事が可能だからです。この他ターポリンやアルミ、アクリルといった素材でも作成する事ができますし、紙素材であってもそれを強化する施術を施す事も可能です。等身大パネルとどこに設置するか、といったTPOに応じて素材を考えてみるとよいでしょう。簡単そうな素材にみえても半年や1年はしっかりもつパネルです。

 等身大パネルをインターネットで注文し、通販で購入するとなるとデータをメールでやり取りし制作してもらうことになります。お客様がよくご心配になるのが、折角の等身大パネルでも、納品時に折り曲げられて宅配されてくるのではないか、という事ですが、そんな事はありません。しっかり等身大パネルを折り曲げる事なく納品できる専用の化粧箱にいれて輸送してくれますから、受け取った時から美しい状態でご使用いただくことが出来ます。元々が板ですからご使用後もフラットな状態にすれば場所をとる事無く保管が出来ますし、軽量ですから収納、持ち運びの点でも優れています。1回だけでなく、何年か利用することを考えると、コストパフォーマンスもよく集客力や評判がいいこのパネルは是非一度試してみる価値があるといえます。

次の記事へ

ページトップへ